タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

主婦とイクメンは読むべき!ホラー小説『ぼぎわん、が来る』が怖い

怖くて面白くて眠れななくなるホラー小説読みたくない??

そんな人にはこれ

第22回日本ホラー小説大賞の大賞を受賞した


『ぼぎわんが、来る』 澤村伊智

 

「文句なしに面白いホラーエンタテインメントである。」
綾辻行人氏


「大当たりだった。選考をしながら早く先を読みたくてならない作品は稀有。」
貴志祐介氏


「恐怖を現在進行形で味わうことができます。迷わず大賞に推しました。」
宮部みゆき氏

 

 

 

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

 

 

ホラー小説大賞の大賞なんだから中々面白さの保証はあるけど、
実際に読んでみて本当の”怖さ”を体験するとゾクゾクするものがあるので読んでみてほしい。

 

 

映画化決定!!!
映画「来る」 監督:中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡


“あれ”が来たら、絶対に答えたり、入れたりしてはいかん―。

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのだろうか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん"の魔の手から、逃れることはできるのか……。怪談・都市伝説・民俗学――さまざまな要素を孕んだ空前絶後のノンストップ・ホラー!!

最終選考委員のみならず、予備選考委員もふくむすべての選考員が賞賛した第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作。
Amazonより引用

 

 

ほら。紹介だけ見ると『ぼぎわん』ってヤバイお化けが襲ってくる系だと思いがちじゃん??
ありがちなホラーじゃん。化物が襲ってくるけど、なんとかしようみたいな。
実際読む前まで僕も思ってた。

 

でもね。
全然違ってたよ。

 

『ぼぎわんが、来る』は

 


ホラー


家庭内暴力


鬼女板


ミステリー


を混ぜた凄いホラーだった!!!

 

軽く白石監督映画要素も入っている。

 

ホラーはわかる。ホラー小説だもん。

家庭内暴力!?DV!?
でも鬼女板はわからん。どういうこと?


『ぼぎわん』の恐怖と『ぼぎわん』がなぜ現れて付け狙うのか謎を探るミステリー


特に主婦の人とイクメンの人には読んでほしい。
分かる人にはこれだけでピーンと来ちゃうかもしれない。


今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わるという人間の怖さが思う存分描かれている。ってかこれが凄く鬼女板的な怖さなのだ。

読んでる時何回も凍ってしまった。

 

ある意味で男性はこの本を自分の妻や彼女に読ませたくないと思う。

そして妻や彼女はこの本を読むと……。

これ以上は言えない。

 

ぼぎわんが、来るから。

 

 

ししりばの家 (角川書店単行本)

ししりばの家 (角川書店単行本)

 

 

 

 

 

ここから先は軽いネタバレあるので嫌な人は読まないでください。

 

 

 

tettyagi.hatenablog.com

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

田原秀樹は幼少期に祖父の家で奇妙な体験して『ぼぎわん』ってお化けがいることを知る。
奇妙な体験から数年後、田原秀樹も大人になり家族を持つ。


優しい妻も妊娠して待望の赤ちゃんだ。


そんな幸せ絶頂期に奇妙な出来事が発生。

会社に田原秀樹を訪ねてきた人がいると同僚が教えてくれた。

訪ねてきた人は

「チサさんはいますか?」


田原秀樹は変だな?と思う。
だって妊娠中の赤ちゃんに名付けようとしていた名前が


「チサ」


だったからだ。このことは誰にも教えてない。
なぜ???怖い。


その同僚は突然腕が血で真っ赤に染まり悲鳴を上げて倒れる。
病院での診断結果は


「腕を獣のような何かにかじられた」


会社に獣なんかいないのに……。


その後は無事、赤ちゃんは生まれ田原秀樹は仕事も頑張りながら【家庭第一】に考え今流行りの”イクメン”に。
パパ活も熱心に行い、SNSやブログ。パパ活名刺まで作って。
何よりも家族のことを考えて行動している。


素晴らしい父親。愛する家族。仕事も頑張る!
そんな順風満帆な生活に影が忍び寄る。


帰宅すると家に置いていたお守りがズタズタに引き裂かれ妻子は怯えきった表情で震えていた。


田原秀樹は幼少期の体験と同僚の悲劇から『何か』が来たことを確信し、知り合いの民俗学者に
『ぼぎわん』のことを調べてもらう。


民俗学者からオカルト系ライターを紹介してもらい、オカルト系ライターから霊能力者「比嘉真琴」を紹介される。


その霊能力者いわく、『何か』が来ていることは間違いないらしい。
そして対処方法として告げる言葉は


「家に帰って奥さんとお子さんに優しくしてあげてください」


は???田原秀樹はイクメン中のイクメンだ。誰よりも家族を大切にしているし、何よりも家族優先お父さんだ。そんな田原秀樹にその言葉はないだろう。
もちろん田原秀樹は激怒する。


しかし、


霊能力者は当たっていたのだ。


「家に帰って奥さんとお子さんに優しくしてあげてください」

 

ヒートアップする怪奇現象
霊能力者「比嘉真琴」でも倒せない『ぼぎわん』
他の強力な霊能力者の力を合わせ『ぼぎわん』を何とかしようとするが


「わしなんかどうにもならん。わしかて命は惜しい。」

「あんなえらいもん、呼ばなこぉへんやろ」


と謎の言葉を残して逃げる霊能力者。


なぜ子供の頃の恐怖体験が今になって現れるのか!?
なぜ『ぼぎわん』が田原秀樹を狙うのか!?
「家に帰って奥さんとお子さんに優しくしてあげてください」の真相とは!?
呼ばなこぉへんやろの意味とは!?
今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わるという人間の怖さ


謎が謎を呼ぶホラー小説『ぼぎわん、が来る』

 


主婦とイクメンは読むべきです。
映画化も決定しているのでその前に読もう!


そして家庭を持ったお父さん!!!!!!!

 

 


「家に帰って奥さんとお子さんに優しくしてあげてください」ね??

 


じゃないとあなたの家にも『ぼぎわんが、来る』!!!!!

 

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

 

 

 

ずうのめ人形【電子特別版】 (角川ebook)

ずうのめ人形【電子特別版】 (角川ebook)