タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

沖縄カステラ アガラサー

沖縄のお菓子は原始的で美味しい。

今回紹介するのは沖縄のカステラと呼ばれそうなでかいお菓子だ。1人で食べるには不向きだが、多人数の子供相手に喜ばれるか?といえばそこまで喜ばれない。

基本的に仏壇に備えがちだったりお年寄りや僕みたいなおじさんが食べがちなお菓子だ。

 

 

アガラサー(黒糖)

f:id:tettyagi:20180412134121j:plain

アガラサーとは説明したとおり、カステラっぽいお菓子。

蒸して作る。無視カステラ。黒糖入だ。

大人の手よりもでかいし、結構重たい。食べごたえは見た目からも伝わるとおり。

でもとりあえず黒糖とか紅芋はやめようね?

 

tettyagi.hatenablog.com

 

f:id:tettyagi:20180412134127j:plain

標高も高い。

蒸しているので中央がふっくら膨らむ。

そして裏は何度も説明している通り

f:id:tettyagi:20180412134134j:plain

月桃の葉なのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

沖縄のお菓子=紅芋、黒糖、月桃の葉は逃げれない必然的な要素があると思われる。

確かにいい匂いがする。大好きな匂いだ。沖縄では月桃の香りがする石鹸やクリームなんかも売っているので旅行にきたら手にとって観て欲しい。とてもいい匂い。

 

f:id:tettyagi:20180412134142j:plain

あたまからまるかじり!!

 

このサイズだと切り分けるのが普通だが食べるのが僕だけなので豪快に丸かじりした。

味の感想としては見たまんまと言いたい所だが、甘くてモチモチしていて思ったより食べごたえがあるって感じだ。

カステラ?って疑問にも感じる。どっちかというとギッチリつまった蒸しパンに近い。

黒糖の味がして美味い。素朴な味と表現されているアガラサーだが、何を持って素朴はわからない。素朴味ではないな。

もう少し暴力的な。原始的な勢いを感じるお菓子だ。

 

全部茶色だし飾り気もないが美味しいのは間違いない。そして大好き!!ご褒美!って感じる程の主張も感じない。そのへんが素朴で落ち着く味と言われる所以だと思う。

 

沖縄にきたさいは手にとって見て欲しい。思ったより重くてずっしりして食べごたえがあるし美味しいし沖縄を感じられるはずだ。

 

 

 

Amazonでアガラサーの素が売っているので家で作ってみるのもいいかも。 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...